委員長所信

「チャレンジ事業」 担当:企画創造委員会
・地域活性化事業の実施
・目標に向かって失敗を恐れず挑戦する
・事業内容の紹介及び市内全域の認知度向上
・若手会員の育成及び会員増強
・YEGとして相応しい内容とする

委員長 今岡 翔平

【委員長所信】
このたび亀山商工会議所青年部(亀山YEG)の企画創造委員会の委員長をさせていただくことになりました。入会以来お世話になりました全ての方に感謝し、役職に邁進致します。
さて委員会名を「企画創造」としました。創造という言葉には最初に作り出すこと、オリジナリティのあるものを生み出すという意味があります。今日まで諸先輩方がつないだ伝統や歴史を大切にしつつも、斬新なアイデアや現実的な意見を柔軟に取り入れる活発な委員会の雰囲気づくりを行ないます。企画・立案においては例会や事業にこれまでにない試みを盛り込み、失敗を恐れず会員の皆さんと共にチャレンジしていきます。
まず地域活性化事業として主に亀山市内の子ども達に地元企業や官公庁での職業体験を通して、将来は亀山市で働いて暮らしたいと感じてもらう場である「カメジョブ キッズ」を開催します。新型コロナウイルス感染症の拡大の影響のため、大変残念ながら前回のカメジョブ キッズは中止となりました。今回も、もちろん感染の拡大状況を鑑みてでは ありますが、協力事業所数や参加人数、開催時期や会場、設営についての見直しなどできる限りの工夫を加え、開催に向けて諦めずできる限り手を尽くします。
また近年会員数の減少が亀山YEGの課題となっていますが、なかなか具体的な解決に至っていません。会員が増えるということは新たな知見やつながりが加わり、組織がまた一段と強くなるチャンスです。企画創造委員会では認知度を向上し、会員増強につながる会員拡大事業にチャレンジします。
会長の掲げるスローガンである「Bind 〜1人は皆の為に、皆は1つの目的の為に〜」の下、亀山YEGの活動がスタートを切ります。これまでにない新しいことにチャレンジし、仲間の学びや成長、地域の発展や商工業の活性化につながるためには会員間や諸先輩方、地域の方々とのBindの強さがより求められます。
精一杯努力致しますので、皆様のご指導・ご鞭撻をいただけますよう、よろしくお願い致します。


「研修、親睦事業」 担当:かめやま向上委員会
・会員の資質向上のための研修事業の実施
・三重県連及び諸団体への活動促進と交流事業の実施
・事業内容の紹介及び市内全域の認知度向上
・若手会員の育成及び会員増強
・YEGとして相応しい内容とする

委員長 小菅 雄也

【委員長所信】
入会当初、只々参加していたYEG活動に意味を見出せず、私にとって必要なのだろうかと度々考えることがありました。しかしYEG活動を通じて、先輩方や仲間と行動を共にしていると、職場では経験できない学びや、自身の欠点、知識の無さに気付かされ、いつの間にか自身の成長に欠かせない場となり、尊敬できる仲間と出会えるかけがえのない存在となっていました。そうした中で、このような貴重な経験をさせてもらえる事、更なる成長の機会を頂けた事に感謝し、ここまで育てて頂いた皆様方へ恩返しさせて頂く気持ちで委員長の役割を全うさせて頂きます。
当委員会では、会員資質向上、若手会員の育成事業を行う研修事業と共に、会員相互の親睦、三重県連及び諸団体との親睦を目的とする交流事業の二つの事業を担当させて頂きます。
研修事業では「効率化」をテーマに事業を作っていきます。仕事だけでなく、家族との時間やYEG活動など我々にはやることがたくさんあります。日々の仕事の見直しや効率化できる方法、ツールを知ることで我々の生活がより充実したものになるよう推進していきます。
交流事業では「主体制」をテーマに事業を作っていきます。どのような職種や趣味、役職など、どんな方々と交流すべきかを考えて頂き、一人ひとりの意見をしっかり反映することで、交流の時間がより有意義な時間になり、そして周りに自分が求めている人物像を把握してもらうことで、人脈も広がりやすくなります。
近年猛威を振るっている新型コロナウイルス感染症の影響により、今までのようなYEG活動を行う事は難しいかもしれません。しかしこのような状況下だからこそ、新たな事業を見出すチャンスと捉え、今まで以上の「学び」「成長」「繋がり」を皆様が感じられるそんな事業を作り上げていきます。
会長が掲げたスローガン「Bind ~1人は皆の為に皆は1つの目的の為に~」のもと、委員会メンバー全員が力を発揮できる環境を作り、皆が同じ方向に向かって進んでいく ことで、更なる亀山YEGの発展に繋がると信じ、全力で邁進していきたいと思いますので、ご支援、ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。


「単会運営事業」  担当:やっちゃえ亀山委員会
・総務・広報に関する活動の実施
・事業内容の紹介及び市内全域の認知度向上
・若手会員の育成及び会員増強
・YEGとして相応しい内容とする
・ウェブサイト・SNS等を活用した情報発信

委員長 森 俊博

【委員長所信】
この度、亀山商工会議所青年部(亀山YEG)のやっちゃえ亀山委員会委員長を務めさせて頂くことになりました。
私は亀山YEGに入会して6年が経ちますが、私自身が前に出ることが苦手で先輩方の後ろで過ごすことがスタイルとなっていました。それでもYEG活動を通じて、仕事のことや私生活のことなどを相談できる仲間ができたことは、先輩方や仲間が私のスタイルを理解してくれたからこそ今の私があると思い、本当に感謝しかございません。
今期、委員長を仰せつかるにあたり、先輩方の『後輩に成長してほしい』『これからを引っ張っていってほしい』との思いが後押しになり、後ろで過ごすスタイルより『後ろについてきてもらえる』スタイルへと変身を遂げることで、違った景色が見られると考えるようになりました。違った景色を一人で見るのは難しく恐怖もあり、先陣を切って進むことは苦手です。しかし、信頼できる仲間と目標に向かい、一つにまとまり進んでいくことで安心感を持って活動に取り組めます。仲間に支えられながらも委員長として成長し、自企業を繁栄させる意識、知識を活用していけると信じております。
やっちゃえ亀山委員会は、世界的に新型コロナウイルスという大災害に見舞われ経済が衰退する中で、自分達のような青年経済人が今できることは何かを仲間と話し合います。そして、別々の業種で活躍する各会員が得意な分野を亀山YEGで活かし、できない所を他の会員が補い、皆が一つの目標に向かってまとまり、結束(Bind)できるように知恵を絞り提案や協力をしていきます。さらに、Bindした光り輝く強い塊の事業内容をSNS等で地域住民に発信し、亀山YEGの認知度を向上させます。また、コロナ禍の中に新たな可能性があることをYEG活動で導き示し、地域への情報発信により明るい未来ある亀山市を盛り上げていきます。
初めての委員長ですが、初心を忘れず先輩方の知識を活かしながら、この時代だからこそ前を向き、新たな挑戦をしていきます。そして、委員会の仲間を信じ合い、心一つに新しいことを推し進めて青年経済人として成長していけるよう精進してまいります。会員の皆様どうぞご指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。


 

「亀山市関宿納涼花火大会企画運営事業」
担当:亀山市関宿納涼花火大会実行委員会(特別委員会)
・亀山市関宿納涼花火大会の企画運営
・事業内容の紹介及び市内全域の認知度向上
・全員参加型の企画運営とする
・YEGとして相応しい内容とする

実行委員長 打田 淑人

【委員長所信】
コロナ禍である今、住民の皆様、関係諸団体、また我々亀山商工会議所青年部(亀山YEG)の仲間が待ち望んでいた第29回亀山市関宿納涼花火大会を中止にせざるを得ない予想外の状況となりました。また、コロナ禍以前より、花火大会そのものを主催者の人手不足、高齢化といった問題から継続出来なくなった団体が数多くあると聞きます。今まで先輩方が築き上げてきてくれた花火大会をこれからも継続させるため、私は第30、31回亀山市関宿納涼花火大会実行委員長として、尽力する覚悟であります。
まず、第30回目を開催するにあたり、例年より築き上げた安全対策を、警察、消防、警備会社、協力団体と連携することが大切です。それに加えて、観覧する方の感染予防対策のみならず、私たち運営側の感染対策も徹底します。
花火大会の開催方法から、協賛方法、警備の方法など、今まで開催してきた方法から大きく変わることが予想されます。会長スローガン「Bind 〜1人は皆の為に皆は1つの目的の為に〜」のもと、大会の成功へ向けて一体感を持ち、亀山YEG会員皆様の知恵をお借りし、実行委員会で意見を取り入れていきます。微力ではありますが、副実行委員長の4年間の経験を活かして、『亀山YEGやるなぁ』と思っていただけるような大会にしていきます。そして、10年後20年後の花火大会、さらにYEG活動が活発に継続できるように、今、全力を出し切ります。
現在の亀山YEG会員数は以前と比べると減少してきております。花火大会を継続させていくためには、会員増強が不可欠です。花火大会を通じて私たちの活動を知ってもらうこと、また、亀山YEGの魅力を地元の方々に知ってもらうことが、今後の亀山YEGにとって重要です。
こんな未熟な実行委員長です。皆様のBindなくては、絶対に花火大会は成し遂げられません。会員の皆様をはじめ、関係者の皆様のご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。


 




電話をかける