亀山商工会議所青年部会長所信

第14代 会長  櫻井 健司

 

【スローガン】

~ 一座建立 我こそ主役の道へ ~

【会長所信】

この度、亀山商工会議所青年部(亀山YEG)第14代会長を拝命させて頂きました。

私は、平成21年に亀山YEGに入会致しました。委員長、副会長を歴任して、本年度より会長という大役を与えて頂き、身に余る光栄に感謝し、この職の重さに心身共に引き締まる思いであります。
さて、私たちが暮らす日本は、アベノミクス等の経済政策の効果もあり少しずつ景気の回復を遂げていると言われています。しかし、地方に暮らす私たちにとっては、まだ多少の景気の回復を感じるにすぎません。ただ、その様な状況下におきましても我々、青年経済人が先頭に立ち、世のため人のため自身のために何をすべきかを今一度考え、挑戦し続けなければなりません。

私は会長としてスローガンに、~ 一座建立 我こそ主役の道へ ~と掲げました。
一座建立には共に一体感をもって一つの空間を創り上げるという意味が含まれており、これこそがYEGのみならず組織の基盤を形成する中で最も大切なことだと考えました。ひとつの事業を会員の皆様が特別な一体感をもって遂行することは、組織に生きる社会人としての自己研鑚であると考えます。私自身、委員長をさせて頂いた折に、その意識が芽生え自分が主役にならなければならないと思い事業に取り組んでまいりました。その様にして得た達成感は何物にも変えがたい糧となっております。今年度は4つの常設委員会と1つの特別委員会の組織編成で活動いたします。まずは、会員の皆様には勇気と情熱、そして「我こそが主役」であるという揺るぎない確固たる信念をもって積極的に事業に参加して頂きたいと思います。亀山YEG一人ひとりが「我こそ主役」の思いと共に一体となれる事業を創り上げましょう。

そして近年、懸念されている会員減少の課題ですが、歴代会長はじめとする諸先輩方のご尽力により毎年、新入会員の方に入会して頂いております。しかし、先人が築かれてきた亀山YEGの思いを未来へと継承していくために、常に会員拡大は不可欠であります。今後も、その思いを強く念頭に置き手綱を緩めずに会員拡大活動に取り組んでまいります。

結びになりますが、日々成長する中でこの時代を担う青年経済人として、より良い地域、より良い企業、強い亀山となる様に信念をもってYEG活動に取り組んでいく所存でございます。
会員の皆様はもとより、関係者各位の皆様方の尚一層のご指導、ご協力賜りますようお願い申し上げます。

 

電話をかける