亀山商工会議所青年部会長所信

第16代 会長  板谷 英治

 

【スローガン】

 Bind 〜1人は皆の為に、皆は1つの目的の為に〜

 

【会長所信】

「新型コロナウイルスの世界的流行により世界は未曾有の危機に突入した。」
昨年で1番耳にした言葉かもしれません。
平成24年末の政権交代以降、デフレ経済からの脱却に向けた金融緩和や成長戦略と いった政府の諸施策や、2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催決定など、徐々に明るい兆しが見えつつありました。しかし新型コロナウイルスの世界的流行により、この感染症を封じ込めるために実施された経済活動の停止措置により、世界経済は短期間のうちに甚大なショックを受け、歴史的な低迷に陥りました。

我々、亀山商工会議所青年部(亀山YEG)も例に漏れず自粛期間が続き、亀山YEG創立30周年記念事業、カメジョブ キッズ2020、亀山市関宿納涼花火大会と殆どの事業を開催する事が叶わず、今まで普通に出来ていた事が普通に出来ないと言う状況になって しまいました。しかしその間にも多くの会員の方に新しく入会して頂きました。
30周年を迎え、更に次のステージに向け第一歩となる、この2年間を、諸先輩方から 受け継いできた「亀山YEGらしさ」を守り続け、強い気持ちを持ち、同じ志を持った仲間達と共に更に 連帯感を強固にして、この先行きの見えない時代を駆け抜けて行きます。

私はスローガンに「Bind 〜1人は皆の為に皆は1つの目的の為に〜」と掲げました。Bindとは掴む、結合すると言う意味ですが、ラグビーでは味方を掴み身体を密集させる事を言います。ラグビーは、スクラムを組む8人が固まり、結束力で勝負をします。個々の力を結束し、より強固な塊にする事で個人では勝てない相手にも勝てる様になります。その強固な塊にする為に必要な事がBindです。Bindをして固まらなければ、選手同士の繋がりは弱くなり、力を合わせることができません。
亀山YEGと言う組織も同じだと思います。仲間をしっかりと掴み結束をさせる事が 大事なのです。そして「ONE for ALL ALL for ONE」の本当の意味で  ある「1人は皆の為に、皆は1つの目的の為に」在るべきです。委員会の仲間同士、委員長同士、横の繋がり縦の繋がりをしっかり意識し、連携を取り、切磋琢磨して一体感を持って事業に取り組んで行く事が青年経済人としての自己研鑽だと思います。
今年度は3つの常設委員会と1つの特別委員会を編成します。近年この亀山YEGの 課題であった会員減少が本格的に目に見えてきました。委員会を1つ減らし各委員会の 人員を確保する事で1委員会の連携を強くします。そして各委員会には共通課題として 通年で会員増強に力を入れて頂き、未来の亀山YEGが活気に溢れ、40周年、50周年と継承されていく事を目標として行きましょう。
そして亀山YEGの二大事業であります、カメジョブ キッズと亀山市関宿納涼花火大会の開催にあたり新型コロナウイルスの影響で大規模なイベントが出来ない状況が続いていますが、今後の時世を見据え、決して後手を踏まない危機管理能力を遺憾なく発揮して、 可否のマニュアル作成、判断を間違える事無く取り組んで行く必要があります。
さらに令和4年度より亀山YEGから三重県商工会議所青年部連合会、東海ブロック 商工会議所青年部連合会の役員を輩出する事となります。選任され出向される方には、やはり亀山YEGとして全員でサポートして全力でBindして行きましょう。

最後になりますが、それなりに僕なりに、で生きて来た私です。とにかく人前で話す事が苦手で、失敗も多々あると思いますが会長と言う大役を仰つかったからには、最大限の努力と最高の笑顔で2年間亀山YEGの先頭に立って成長して行く所存です。会員の皆様は もとより、関係者各位の皆様方の尚一層のご指導、ご協力賜りますようお願い申し上げます。

 

【基本方針】

・会員資質向上の為の研修活動の促進

・会員相互の親睦交流事業の促進

・カメジョブキッズを通じての地域の活性化及び地域とのBind

・亀山市関宿納涼花火大会を通じてのメンバー間のBind

・三重県連及び諸団体とのBind

・ホームページ、SNSを活用したYEG活動の情報発信活動の促進

・若手会員の育成及び会員増強活動

【事業方針】

「研修、親睦事業」 担当:かめやま向上委員会

・会員の資質向上のための研修事業の実施

・三重県連及び諸団体への活動促進と交流事業の実施

・事業内容の紹介及び市内全域の認知度向上

・若手会員の育成及び会員増強

・YEGとして相応しい内容とする

「チャレンジ事業」 担当:企画創造委員会

・地域活性化事業の実施

・目標に向かって失敗を恐れず挑戦する

・事業内容の紹介及び市内全域の認知度向上

・若手会員の育成及び会員増強

・YEGとして相応しい内容とする

「単会運営事業」  担当:やっちゃえ亀山委員会

・総務・広報に関する活動の実施

・事業内容の紹介及び市内全域の認知度向上

・若手会員の育成及び会員増強

・YEGとして相応しい内容とする

・ウェブサイト・SNS等を活用した情報発信

「亀山市関宿納涼花火大会企画運営事業」

担当:亀山市関宿納涼花火大会実行委員会 (特別委員会)

・亀山市関宿納涼花火大会の企画運営

・事業内容の紹介及び市内全域の認知度向上

・全員参加型の企画運営とする

・YEGとして相応しい内容とする




電話をかける